目に作用するアントシアニンのサプリメントを活用しよう

目の疲れを改善する

アントシアニンに関する歴史

アントシアニンはブルーベリーに含まれている成分であり、サプリメントとしても沢山の製品が販売されています。
アントシアニンの歴史を見るという事は、ブルーベリーに関する歴史を見るという事であるとも言えます。
そのブルーベリーは元々北アメリカが原産地となっており、ヨーロッパ人がアメリカ大陸に渡った後に、原住民からブルーベリーを貰い、それがヨーロッパに伝わり次第に世界にも広まっていきました。
日本では1951年にアメリカから北海道に送られて栽培され始めたのが普及のきっかけとなったと言われています。
その後は研究や品種改良が行われ、1990年ごろには需要がかなり高まり、生産量も増えていきました。
目に良いと言われるようになったのは、第二次大戦中での事であると言われていますが、日本で一般的に広まったのは1996年にサプリメントが日本でも普及するようになった頃からです。

今後も需要が高まるだろう

アントシアニンを含んでいるサプリメントは、目の疲れに良いという事で急速に広まりました。
それもそのはずで、日本では今ではパソコンを使用するのが当たり前となっており、仕事でも欠かす事が出来ない必須のツールとなっていますが、パソコンやテレビなどは見続けていると目に負担をかけてしまうので、長時間画面を見て目の疲労が日頃から溜まっているという人が増えています。
もちろんそれだけが原因ではなく、あまり遠くの景色を見る事が無くなった、などという理由もありますが、パソコンやテレビの影響は大きいと言われています。
パソコンの役割は社会の上でも大きく、今後も目を酷使する人はかなりの割合になると思われます。
それに合わせて目の疲労を回復するために、アントシアニンのサプリメントは需要が高まっていくと考えられます。